2018年度春リーグ戦・東医体

2018年の春リーグ・東医体の結果をご報告させて頂きます。

「1部・東医体での優勝」を目標に、練習をしてきました。

 

春リーグの結果は、3勝3敗1部4位となりました。

優勝こそできなかったものの、来春の1部残留を決めることができました!

 

今年の東医体は岩手医科大学が主管校であり、岩手で行われました。

結果は、2回戦負け。。。

 

非常に悔しい結果となってしまいましたが、「1部・東医体での優勝」という目標は、3年の榎内主将を中心にした新幹部で成し遂げてもらいたいと思います。

 

 

 

 

【2018年 関東医科大学硬式野球リーグ春季リーグ 結果:3勝3敗(1部残留)】

 

 

vs 日本医科大学 ● 5月4日

R H E
慈恵
日医 ×

継投:町田                                                     本塁打:

先発の5年・町田が8回132球の力投を見せる中、慈恵打線はチャンスを作るもののあと1本が出ず、なかなか得点につなげることができなかった。
5回と8回に1点ずつ加えるものの、ピンチでのエラーやチャンスでの1本がでず、2-5で惜敗を喫した。

 

 

vs  昭和大学医学部 ○ 5月21日(7回コールド)

R H E
慈恵 20 14
昭和

継投:町田-代田                              本塁打:

3回に8点を奪われる厳しい展開の中、4回に3安打4得点、5回に7安打7得点と打線がつながり、6回には相手投手の乱調により、結果としては20得点。20-9(7回コールド)と逆転勝利を収めた。

 

 

vs  横浜市立大学医学部 ● 5月20日(5回コールド)

R H E
慈恵
横市 10 × 14 11

継投:町田-代田                                            本塁打:代田

初回に3点を先制するも、その後守備のリズムの乱れから2回までで大量14失点を許してしまう。3回に1点返すもののその後は焦りからか併殺などでチャンスをつぶしてしまい、4-14(5回コールド)で敗北。

 

 

vs  千葉大学医学部 ○ 6月3日(8回時間コールド)

R H E
慈恵 11 13
千葉

継投:代田                                                     本塁打:

横市戦の反省を踏まえて、挑んだ千葉線。初回から打線がかみ合いコツコツと得点を積み重ね、スタメン全員安打の13安打11得点。投げては先発の4年・代田が7回にエラーや四死球などが重なり4点を失ったが、8回141球9奪三振。11-7(8回時間コールド)で勝利した。

 

 

vs  慶応義塾大学医学部 ○ 6月24日(6回時間コールド)

R H E
慶応 11 12
慈恵 16

継投:代田-増田                                     本塁打:代田・大曽根

雨によるグラウンドコンディションが不良な中、相手のエラーが重なりチャンスをものにし、4年・代田と5年・大曽根のHRもあり大量16得点。慶応打線に12安打されるもののどうにか逃げ切り、16-11(6回時間コールド)で勝利し、春リーグ残留を決めた。

 

 

 

【第60回東日本医科学生総合体育大会 結果:2回戦敗退】

 

 

vs 昭和大学医学部 ○ 8月7日

R H E
慈恵
昭和 10

継投:代田                                        本塁打:磯・石田

序盤に4点を失い苦しい展開となったが、3回に5年・磯のHR、5回に6年・石田のHRなどで7点を奪い逆転に成功。6回からは両チームチャンスを作るものの得点できず2点差のまま9回裏へ。1点を失い1点差となり2死満塁と一打サヨナラのピンチを迎えるも、見逃し三振にとりゲームセット。7-6と勝利を収めた。

 

 

vs 信州大学医学部 ● 8月8日(5回コールド)

R H E
慈恵 12
信州 10 × 16

継投:増田-代田-生坂                                    本塁打:

初戦をいい形でとり、勢いに乗りたい2回戦の信州戦。打線は合計で12安打と安打数は多いものの、繋がりを欠き4得点にとどまってしまう。守備では、ピッチャーの制球が定まらず、合計で13四死球。また満塁HRを浴びるなどして16失点。4-16(5回コールド)で大敗を喫した。

2018年度新入生へ!

2018年度、硬式野球部の新歓pvや新歓日程などを更新しました!

ご覧になりたい方はこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

2017年度秋リーグ戦

2017年度秋リーグ

 

 

6年生も引退してしまい、新チームで臨んだ秋リーグ!

 

今年の秋リーグは、4戦が予定されていましたが

天候に恵まれず、2戦しか行うことができませんでした。

 

しかし結果は、2勝0敗!!!

新チームの目指す攻撃的な野球を実践することができ、

2戦ともに春リーグにつながるいい試合をすることができました。

 

オフ期間を有効に使い、よりレベルアップした野球を

春リーグ・東医体で発揮できるよう精進していきたいと思います。

 

 

【2016年 関東医科大学硬式野球リーグ秋季リーグ 結果:4勝1敗】

 

vs 千葉大学医学部 ○ 10月8日(8回コールド)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
千葉 1 0 0 0 0 3 2 0 6 7 5
慈恵 3 0 1 0 3 2 0 16 20 4

継投:町田-生坂-代田                  本塁打:坪内・大曽根・生坂

今年の東医体優勝校である千葉大学。初回に1点先制されるも、その裏に4安打3得点により逆転。その後も、4年・坪内や4年大曽根のHRにより突き放し、最後は5年・生坂のサヨナラ満塁HRにより16-6(8回コールド)により勝利しました。

 

vs 獨協医科大学 ○ 11月12日(8回コールド)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
慈恵 3 1 0 1 2 2 0 6 15 11 1
獨協 0 3 1 0 1 0 0 0 5 12 7

継投:町田-代田                       本塁打:

初回に幸先良く3点先制するも、3回に連打を浴び同点に追いつかれる。4回に4年・磯の適時打や、5回に2年・榎内の2ランスクイズなどで勝ち越しに成功し、8回には7連打により6得点。結果として15-5(8回コールド)により勝利しました。

アルバムを更新しました!

2017年の硬式野球部の活動を、アルバムにまとめました!

合宿や試合の様子だけでなく、硬野のイベントもご覧ください!

ご覧になりたい方はこちら

 

2017年度春リーグ戦・東医体

2017年の春リーグ・東医体の結果をご報告させて頂きます。

昨年、2部優勝を果たし無事1部へと戻ることができ、

今年は、「1部優勝」「東医体でのメダル獲得」を目標に、練習をしてきました。

 

春リーグの結果は、3勝2敗1部4位となりました。

1部優勝は逃したものの、何とか1部残留を決めました。

 

また今年の東医体は我々慈恵が主管であり、戦力的にも優勝を狙えるところでしたが、

結果は1回戦負け。

 

非常に悔しい結果となってしまいましたが、「1部優勝」「東医体でのメダル獲得」という目標は、3年の代田主将を中心にした新幹部で成し遂げてもらいたいと思います。

 

 

 

【2017年 関東医科大学硬式野球リーグ春季リーグ 結果:3勝2敗(1部残留)】

 

vs 日本医科大学 ● 5月7日

R H E
慈恵 12
日医 × 10 13

継投:増田-生坂                                           本塁打:

初回に4連打で3点先制する。しかしその後変わった投手からなかなかチャンスを作れず、3回には逆転を許してしまい、その後も追加点を重ねられる。最終回に2点返したものの、結局相手投手の継投に計16三振をくらい、6-10と敗北した。

 

vs  聖マリアンナ医科大学 ○ 5月21日(8回コールド)

R H E
慈恵
聖マ

継投:町田-増田-生坂                                   本塁打:代田・中村

初回に幸先良く1点先制するも、その後は相手投手の好投に阻まれ追加点を取れず、初回から好投を続けていた4年・町田も6回に捕まり、逆転されてしまう。

4点差で迎えた8回、3年・代田の同点3ランHRや6年・中村の2ランHRなどで一挙7点を奪い逆転に成功し、8-7(8回コールド)で勝利を収めた。

 

vs  慶應義塾大学医学部 ○ 6月4日

R H E
慶應 13
慈恵 ×

継投:町田                                                    本塁打:

打っては、初回に4点先制しその後も打線が繋がり、合計9得点。守っては、4年・町田が要所を締めるピッチングで7奪三振0失点。9-0(7回コールド)により勝利した。

 

vs  千葉大学医学部 ○ 6月11日(5回コールド)

R H E
慈恵 14 14
千葉

継投:町田                                                    本塁打:中村

昨年の東医体優勝校である、強豪千葉大学に対し、初回に6年・中村の先制3ランHRや、3回に2年・榎内の春リーグ初ヒットとなるタイムリーツーベースなどにより、5回までに14安打14得点に成功。投げては、4年・町田が5回2失点と試合をまとめ、14-2(5回コールド)で勝利した。

 

vs  昭和大学医学部 ● 6月18日(7回コールド)

R H E
慈恵
昭和 × 12 10

継投:増田-山本修-町田                               本塁打:

雨が降り続く中での試合だったため、普段には見られないようなミスが目立った。序盤で点差をつけられ、最終回に3点返すものの雨が強くなり、6-12(7回コールド)で負けてしまった。

 

 

 

【第60回東日本医科学生総合体育大会 結果:一回戦敗退】

 

vs 日本医科大学 ● 8月3日(7回コールド)

R H E
慈恵
日医 × 10

継投:町田-生坂                                           本塁打:

初回に、3年・増田のタイムリーツーベースにより1点先制するが、相手に毎回得点を許し、徐々に点差を離されていく。その焦りからチャンスは作るものの、併殺が増え追加点を奪えず、1-10(7回コールド)で敗北した。

2016年度秋リーグ戦

6年生も引退し、新チームで臨んだ秋リーグでしたが、

結果は、、、、、4勝1敗!!!

 

この秋リーグは成績だけでなく、チームとしての課題や個々のスキルアップに大きく役立ったいい大会だったと思います。

この経験を、来年の春リーグ・東医体に活かしていきたいと思います。

 

 

【2016年 関東医科大学硬式野球リーグ秋季リーグ 結果:4勝1敗】

 

vs  横浜市立大学医学部 ● 10月16日

R H E
慈恵
横市 ×

継投:町田-代田-生坂-山本                                 本塁打:

2・3・4回と幸先よく毎回得点を重ねたものの、終盤に守備のミスが連発。終わってみれば4-6と逆転負けを喫してしまった。初勝利を飾りたかったが、負けはしたものの課題など収穫の多い試合であったので、次回につなげていきたい。

 

vs 東京医科歯科大学 ○ 10月23日(5回コールド)

R H E
医歯
慈恵 10 10

継投:町田                                                               本塁打:

初回に4連打などの打者1巡の猛攻で一挙7得点をあげる。また守っては3年・町田が相手打線を3安打零封。エラーもなく、10-0の5回コールドで勝利する。

 

vs  千葉大学医学部 ○ 10月30日(7回コールド)

R H E
慈恵 20 17
千葉 13 11

継投:山本修-代田                                                 本塁打:岩内2

初回。相手の四球を絡めて6得点でき良い試合入りができた。途中、相手にビックイニングをつくられ1点差に迫られるも5年・岩内の2本のHRや、4年・神谷の4安打の活躍などでリードを保ち、20-13(7回コールド)で勝利した。

 

vs  聖マリアンナ医科大学 ○ 11月6日

R H E
慈恵 11
聖マ

継投:生坂-町田                                                     本塁打:中村・代田

序盤に先制を許すも、4回に5年・中村の同点2ランHRなどで逆転に成功。その後も2年・代田のHRなどで突き放し、投げては4年・生坂と3年・町田が9回を2安打3失点に抑え、9-3で勝利した。

 

vs 東京医科大学 ○ 11月23日(5回コールド)

R H E
東医
慈恵

継投:町田                                                               本塁打:中村

初回に2年・代田のホームスチールにより先制するも、逆転を許してしまう。しかし4回に5年・中村の2ランHRなどにより打線が繋がり一挙5得点により逆転。勢いそのまま時間コールドにより8-5で勝利する。

2016年度春リーグ戦・東医体

 

更新遅くなりましたが、2016年度春リーグ戦・東医体の結果をご報告させて頂きます。

 

昨年2部への降格以降、1部昇格を目標に日々練習を重ね、

無事4勝2敗で2部優勝を果たし、1部に昇格いたしました!!

 

この勢いのまま東医体も念願のメダル獲得といきたかったところですが、

2回戦で敗北してしまいました。

 

今後は3年の磯主将を中心に、新幹部で1部優勝・東医体メダル獲得を目標に精進していきたいと思います。

 

 

【2016年 関東医科大学硬式野球リーグ春季リーグ 結果:4勝2敗(1部昇格)】

 

vs 日本大学 ○ 5月15日

R H E
慈恵 11
日大

継投:町田                                                               本塁打:中村

初回に1点先制されるが、その後も毎回ランナーを背負いながらも先発の3年・町田の粘り強いピッチングで0点で耐え抜くと、6回5年・中村の3ランHRなどにより逆転するとその後も打線が繋がり、9得点。大事な初戦を勝利で飾ることができた。

 

vs  東京医科歯科大学 ● 5月29日(8回コールド)

R H E
慈恵
医歯 1× 10

継投:町田-代田                                                     本塁打:

初戦のいい流れを継続してそのまま勝ちたいところだったが、打線がうまく繋がらず流れが悪くなってしまったところに付け込まれ、終わってみれば1-8(8回コールド)という大敗を喫してしまった。

 

vs 獨協医科大学 ○ 6月4日(7回コールド)

R H E
慈恵 12 14
獨協 0×

継投:町田-代田-生坂                   本塁打:磯

初回の1点先制すると、5回の3年・磯のランニングHRなどによりその後も得点を重ねることができ、合計12得点。四死球などにより6回に6点取られるものの、7回時間コールドで勝利することができた。

 

vs 横浜市立大学 ○ 6月12日(8回コールド)

R H E
慈恵 14
横市 0×

継投:町田-生坂-代田                                           本塁打:中村

5回までに5点を取られ、打線も相手投手の好投により1点しか取れず苦しい展開が続く。6回に代打4年・石田の適時打などにより2点を返し、反撃の狼煙を上げる。

4-6で迎えた8回に6年・福田の逆転となる適時打や、5年・中村の2ランHRなどにより一挙5点を奪い、9-6となったところで時間コールド。うれしい勝利となった。

 

vs 慶應義塾大学医学部 ○ 6月19日(5回コールド)

R H E
慈恵 18 28 22
慶應 0×

継投:町田-山本修                                                 本塁打:中村・代田2

初回に逆転を許すも、3回に5年・中村の逆転3ランHRを皮切りに、打者3巡する猛攻に成功する。その後も、2年・代田の2打席連続満塁HRなど攻撃の勢いを絶やさず、合計28点を奪った。投げては、3年・町田が4回2失点6奪三振に抑える好投をみせ、快勝を収めた。

 

vs  東京医科大学 ● 6月26日(8回コールド)

R H E
慈恵
東医 ×

継投:町田-代田-町田                                        本塁打:中村

初回に先制を許し、1点を追う展開から始まる。得点圏に走者を進めるものの、相手投手の好投の前にあと一歩というところで打線が繋がらず、結局3-6で惜敗となった。

 

 

 

【第59回東日本医科学生総合体育大会 結果:二回戦敗退】

 

vs 慶應義塾大学 ○ 8月1日(5回コールド)

R H E
慈恵 13 13
慶應

継投:町田                                                               本塁打:

打線が繋がり、2回までに10得点することに成功。その後も追加点を重ね、守っては先発3年・町田が2安打1失点6奪三振。13-1(5回コールド)と勝利を収めた。

 

vs 日本大学医学部 ● 8月2日(5回コールド)

R H E
慈恵
日大 × 11 10

継投:町田-代田-生坂                                           本塁打:

初回、一死満塁のチャンスを作るも相手の好守の前に併殺。その後相手打線の猛攻をうけ、4回までに11失点。打線も初回のチャンス以降、相手投手の好投を前にランナーを出すこともできず、0-11(5回コールド)と大敗を喫してしまった。

新入生へ 更新!!

新入生の皆さんへ

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!! 厳しい受験を乗り越えてきたみなさんにはこれから楽しい学生生活が待っています! そんな学生生活をもっと楽しく過ごしたいのなら。。。

硬式野球部にぜひいらしてください!!!

野球をしっかりやりたいあなた、ちょっと野球やってみたいけど初心者で不安なあなた、特にやりたいことないけど体うごかしたいなーっていうあなた、野球はやってたけど、硬式野球部って敷居高そう。。。ってあなた、大丈夫です。硬式野球部では初心者から経験者までみな各々のペースで野球を楽しんでいます。どんな人でも生きていけます。

硬式野球部ではイベントも盛りだくさんです!スノボ、温泉、飲み会、納涼船、海、、、などなど仲良く楽しんでいます!!

もちろん、医学生の本業の勉強もしっかりやります!なんなら勉強大好きなひとが多いです。先輩に聞けばたいていのことはわかります。

どんな部活なのか少しでも興味をもったあなた、PVをご覧になった後まずは新歓にいらしてください!楽しい学生生活の手助けになることを保障します。

硬式野球部主将 磯勇翔


☆新歓の予定☆ (2017)
4月12日(水) 部活紹介
13日(木) フリートーキング
14日(金) 解禁!焼肉@赤坂!!!
15日(土) 日大との合同連@多摩一本杉球場からの食事会
16日(日) 昭和大との合同連@昭和グラウンドからの食事会
17日(月) 寿司食べ放題@銀座
18日(火) シュラスコ食べ放題@銀座
19日(水) 食事会からの球場練@多摩一本杉球場
20日(木) BBQ@国領ベラ
21日(金) 東京プリンスホテルで入部宣言!!!

受験生のみなさん!慈恵に入った暁には硬式野球部へ!

野球に興味ある人はぜひ!

経験・未経験は問いません。

未経験者で活躍している先輩もいるので、ぜひ一度新歓で遊びにきてください!

もちろん、マネージャーも大募集です!!!

2016年度 新歓PV公開

今年も新歓の季節がやってきました。新入部員の獲得に向けて、尽力してまいりたいと思います。ビデオで部活紹介しようということで、今年も2分程度のPVを作成しました。ご覧ください。

●医学科ver→<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/Z47gZ6ZLRP8″ frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

●看護科ver→<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/bfOfkOxouuM” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>